支障をきたす

マイホームを購入するとなれば、大半の人が住宅ローンを組んで購入し、非常に長い期間かけて返済していきますがローンを完済するとそれで終わりというわけではありません。毎年の固定資産税の支払いも必要ですし、長年住んでいると家も傷んでくるためリフォームが必要となります。リフォームの必要時期はおよそ新築から10年目が大規模リフォームとなります。トイレや浴室などの水廻りをはじめ壁や屋根なども改修必要となり、100万円以上のお金が必要となります。その後も10年ごとにリフォームすることが必要で、これをしないと快適に暮らすことに支障をきたすこともあります。

10年目で大規模リフォームが必要となりますが、それまでのメンテナンスは非常に重要です。細目に不具合箇所をリフォームしていくと大規模改修が不要となり費用面でも抑えることが可能となります。新築後5年目に必要となるのは防蟻処理です。最近の薬剤は人に害のないものを使用しており効果がきれますので、5年ごとに処理する必要があります。外壁やべランダなどコーキング部分のひび割れや剥がれがあれば補修するべきで、およそ7年に1度点検してもらうことがおすすめです。マンションであれば修繕積立金を毎月払っておりここからリフォームしてもらえますが、一戸建てでは自分で計画して行う必要があります。10年目には給湯器設備などの交換も必要となります。